10月の異称 <神無月(かんなづき)>
・全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから
・10月は雷が鳴らなくなる月、「雷なし月」であることから
・神無月の「無」は「の」で「神の月」を意味することから

ぶり照焼

冬が食べ頃のぶりを照焼に仕上げました。
脂がのって身の柔らかいぶりはほんのりと甘みのある照焼のタレと
相性抜群。
ごはんのおかずにぴったりです。

ぶり大根

冬に旬を迎え、脂がのった「ぶり」を使用した季節の人気商品。
ぶりを丁寧に煮込み、その濃厚な旨味が染み込んだ大根が味わい深い
一品です。

新漁さんま塩焼き

脂の乗った北海道産のさんまを国内産海水から作り上げた「海のもと塩」で焼き上げました。
旬の味を是非ご賞味下さい。

五種のきのこ天

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な5種のきのこ(しめじ、エリンギ、マッシュルーム、まいたけ、しいたけ)をたっぷりと使用。
芳しい香りと歯ごたえが食欲をそそり、銀杏が秋らしく彩りを添えます。

あじ塩焼

日本有数のあじの漁場である長崎県産のものを使用。
臭みがほとんどなく、お召し上がりやすい一品です。
旬の味を是非ご賞味下さい。

さんま南蛮漬

3枚おろしのさんまと赤パプリカ、玉ねぎを入れた野菜たっぷりの一品。
南蛮のタレにはまろやかな味と香りの「千鳥酢」を使用しております。

大辛ごぼう

たっぷり入ったごぼうの食感が抜群。

一味唐辛子のあとを引く辛さがたまりません。

お酒のおつまみやごはんのおかずにピッタリな一品です。

冬瓜の海老あんかけ

冬瓜をだしで煮含め、見た目にも涼やかな一品。

ぷりっとしたむき海老と枝豆が彩を添えます。

冷やすとより一層美味しく召し上がれます。

じゃがバター揚

甘味が強くホクホクとした食感の「きたあかり」を使用。
バターと一緒に蒸したじゃがいもの風味が絶品です。

くろしびかます照焼

宮城県産の脂がのったクロシビカマス(※)を角切りにし、照焼にしました。
白身のさっぱりとした身に照焼のたれの甘みがよく合います。
※深海魚。ミナミカゴカマスに似て、白身で淡白だが脂乗りも良い。
各地で食用とされており、神奈川・千葉周辺では市場評価が高い。

1 / 41234